2017年08月12日

先ほどの記事はパート4です

DSCN2245.JPGDSCN2248.JPGDSCN2251.JPG




 

さて、2班の様子はいかがでしたか。

千年先まで人々の「いのち」を緑の堤防と丘が守ってくれる地域づくりを学びました。

(ひとつ前の「パート3最終」はパート4でした)

 

写真はボランティアで草むしりを頑張る防災リーダーたちです。

 
posted by 高浜の防災を考える市民の会 at 11:12| Comment(0) | 新着情報

千年希望の丘 2班パート3(最終)

DSCN2234.JPGDSCN2230.JPGDSCN2235.JPG




 

2号丘へ来ました。

 

ボランティアさん達の手で植えられた木々が青々しています。

この丘と緑の堤防で沿岸部の「自然との共生」をしていきます。

 

ここまで美しい景色を取り戻すのには大変な苦労があっただろうと、

みんな静かに語り部さんのお話を聞けました。

 

日時計の写真も載せました。曇っていて時計の影を見られませんでしたが、

こうして風化しないようにしていきたいですね。
posted by 高浜の防災を考える市民の会 at 11:03| Comment(0) | 新着情報

千年希望の丘 2班パート3

DSCN2215.JPGDSCN2216.JPGDSCN2218.JPG




 

岩沼市の復興シンボル「千年希望の丘」のことがわかるDVDを交流館で見ました。

 

1号丘、2号丘の階段は「被災物の再利用」だそうです。

人々の想いと思い出が詰まっているんですね。
posted by 高浜の防災を考える市民の会 at 10:54| Comment(0) | 新着情報

千年希望のの丘 2班パート2

DSCN2210.JPG




 

先ほどの写真と今回の写真とupし間違えました。

失礼しました。

 

1号丘の次に、慰霊碑へ。

鐘を音がキレイでしたね。

 

写真は1号丘です。
posted by 高浜の防災を考える市民の会 at 10:46| Comment(0) | 新着情報

千年希望の丘 2班の様子パート1

DSCN2221.JPG




 

参加者のみなさん、帰りを待たれたご家族のみなさん、大変お疲れ様でした。

この体験が良いものになりますよう願っています。

 

さて、当日アップしそびれた「千年希望の丘」2班の様子です。

 

一号丘

震災があった3月11日午後2時46分を示す日時計がありました。
posted by 高浜の防災を考える市民の会 at 10:35| Comment(0) | 新着情報